アフリカンサファリ>サファリのシーズン

アフリカ・サファリのシーズン

アフリカでのサファリは、基本的には一年中楽しむことができます。しかし、季節によって特徴がありますから、覚えておいた方が良いでしょう。

雨季と乾季

アフリカの季節は雨季と乾季に明確に分かれます。乾季にはサバンナの草丈が短くなり、動物は見やすくなります。その一方で埃っぽくなり、サファリカーで走っていても頭から土ぼこりを被ることがしばしばです。色彩的にも枯れ草色が多くなり、あまりフォト・ジェニックではありません。

一方雨季は草丈が高くなり、特に小型の動物は見づらくなります。その一方で草の緑や花の色が彩りを添え、写真写りは非常に良くなります。

また気をつけなくてはいけないのが、公園や動物によっては、餌となる草を求めて大移動をするものがいることです。タンザニアのセレンゲティと、ケニアのマサイマラを行き来しているヌーの大群は非常に有名です。

季節を外すと、数百万頭いるとされるセレンゲティのヌーが、一頭も見られない、ということもありえます。

夏と冬

赤道に近いアフリカでは夏と冬の気温などの違いはさほどありません。しかし、バードウォッチャーにとっては、夏と冬は大きな違いがあります。

ヨーロッパが冬の時期、数多くの渡り鳥がヨーロッパからアフリカに渡ってきて冬越しをします。アフリカではヨーロッパよりも近い位置で鳥を見ることができますから、バードウォッチングに興味のある方は、ぜひ北半球が冬の時期にアフリカにサファリに行ってください。ヨーロッパが夏の時期に訪れると、渡り鳥を見ることは困難です。

Sponsored Link